サーマルカメラ THERMAL CAMERA

小型・低価格

超小型赤外線サーマルカメラ

SeeK Compactシリーズ

カタログ ダウンロード
サーマルカメラ

特徴

  • 低価格で小型であり解像度206 × 156
  • 赤外線波長領域7.5~13μm
  • USB2.0で簡単にPCに接続
  • 画像や動画の保存が可能

用途

  • 温度測定
  • セキュリティ
  • 熱損失感知
  • メンテナンス
  • 料理
  • レスキュー
  • 治安
  • アウトドア

製品仕様

    <ハードウェア機能>

  • 32,136ピクセルの温度ベース画像を提供
  • イメージサイズ:206 x 156
  • フレームレート:8Hz
  • 波長領域:LWIR 7.5μm ~ 13μm
  • レンズ:カルコゲナイドレンズ
    4mm焦点距離 画角36°, 20° (XR)
  • キャリブレーションシャッター
  • USB 2.0インターフェイス
  • 高速起動時間:3秒以下
  • <その他>

  • 12μm 酸化バナジウムピクセル
  • 熱感度:< 50 mK
  • 測定温度範囲:-10℃ ~ 330℃
  • 消費電力:400mW
  • 外形寸法:21 × 45 × 20 (mm)

サーマルカメラ参考図

図1 ・猫(近接)
犬との識別は横からの画像による目、鼻、口、耳の位置関係と胴体長さによって行う。
図2 ・ヤマドリ(5m)
鳥の種類までは判別できない。
首が長いことから犬、猫とは分離可能と考える。
図3 ・シカ(10m)
足の長さ、(地上から胴の高さ)から牛、馬の仲間であると判別。
足の細さから馬に近いと考える。
図4 ・サル(3m)
頭部に耳の形状が突起していないことから犬、猫との分離可能と考える。
図5 ・ワラビー(3m)
後方からの画像の為、犬、猫と同じ種類となるが、胴体の大きさ、
前足の短さが写れば識別できると考える。
図6 ・湖面に浮かぶ白鳥(20m以上)
首の長さから特定できる。

ソフト

  • サーマルイメージビューアソフト

対応OS

  • Windows ・Linux ・Android ・iOS

製品の仕様書をご希望の方は、下記問い合わせフォームよりご請求ください。

仕様書をご希望の方はこちら