Software

画像処理アプリケーション開発ツール

TechView

「画像処理アプリケーション開発」作業を
画期的に効率化。従来比1/10以下!
『誰でも』『簡単』に
画像処理アプリケーション作成。  

カタログ ダウンロード

  • 画像処理ライブラリをGUI化。マウスによる直感的なグラフを作ることで、
    画像処理アプリケーションが完成。
  • PC処理と同等(コードはC++)の高速処理やアルゴリズム結果表示画面も簡単製作。
  • Matrox Imaging Library(MIL)が提供する高機能ツールに対応、ユーザが
    オリジナルで作成したプログラムも動作するプラグイン機能搭載。
  • 他社汎用画像処理装置に無い、カメラ選択の汎用性・拡張性。
    当社GigEラインスキャンカメラをはじめ、豊富なラインナップがあるPoint Grey Research社
    GigE,USBのエリアカメラ、 Seek Thermal社サーマルカメラの接続が可能。
  • OPCサーバやmotionCATと接続でき、高度なマシンビジョンコントロールに対応。

システム構成

  • TechView 本体
  • Matrox Imaging Library(MIL10)
  • コントローラーPC

※TechViewをお使い頂く為には Matrox Imaging Library(MIL)およびライセンスが必要になります。
※TechViewはMatrox製コントローラと同時の購入に限り販売致します。

アイコンの直感的操作で画像処理アプリケーションを作成

  • 基本操作 ノードの設置と接続
  • アプリケーション画面 ノードと呼ばれるアイコンをマウス操作で設置する事でグラフ作成を行います。

  • 画像処理アルゴリズムの構築
  • アプリケーション画面 直感的にノードを繋いでアプリケーションを構築。しきい値などの設定はノードから設定。

  • アプリケーション作成例
  • アプリケーション画面 ※グラフ作成例:ラベリング処理
     上段:ラベリング処理をスルー画像上に行う
     下段:ラベリング処理を2値化画像上で行う

  • 完成したノードの接続構成をわかりやすくモジュール化
  • アプリケーション画面 完成したノード構成は『サブセット』機能でモジュール化。

    システム操作のインターフェースも簡単作成

    アプリケーション画面 アプリケーション作成の作業と同様の操作で、インターフェース画面まで作成が可能。

    MIL ツール対応

    TechViewはMatrox Imaging Library(MIL)で提供する高度な画像処理ツールをノードで用意。
    マウス操作とダイアログメニューの編集で実装する事が出来ます。

  • TechView対応MILツール例
  • MILツール例

    TechViewのご利用には、Matrox Imaging Library10または使用するツールに相当する
    ランタイムライセンスが必要になります。

    使用できるカメラ

    TechViewで使用できるカメラは、センサ種類の豊富なエリアカメラやGig-Eインターフェースの
    ラインスキャンカメラ、USBインターフェースのSeekThermal社製サーマルカメラも対応し、
    多様なセンシングニーズへ柔軟に対応できます。

  • サーマルカメラの接続例(熱湯と水の入ったカップを撮影)
  • 外部接続例 TechViewにサーマルカメラを使う事で、温度分布を捕えるマシンビジョンシステムを
    作成することが出来ます。

    外部機器との接続

    外部接続例 TechViewはコントローラのデジタルI/Oやシリアル通信を使う周辺機器の制御に加え、
    各種マシンコントロールインターフェースにも対応します。
     
    【対応インターフェース】
     ・OPCサーバ(たけびし製) ・motionCAT(ハイバーテック製)
    【コントローラ搭載I/O】
     ・デジタルI/O IN×8本、OUT×8本 ・RS-232C×2本 RS-485×1本
     ・Gigabit Ethernet×6本(PoE4×本 GbE×2本)
     ・USB 3.0×4本 USB 2.0×2本

    カスタムソースプログラムの組込み

    ソース作成画面 VCで作成したプログラムソースをTechViewのカスタムノードとして組込む事が出来ます。

    製品についてのお問い合わせ、デモのご用命は下記問い合わせフォームよりご請求ください。

    仕様書をご希望の方はこちら