MATROX製品 MATROX PRODUCTS

MATROX製品に関するよくあるご質問とその回答を掲載しております。

MATROX製品のQ&A

Q1:SOL2MEVCLB*のLED(DS1、DS2、DS3、CR1)の意味は?

“DS1, DS2” LEDs (PoCL state on Camera Link)
[Channel0: DS2、Channel1: DS1]
赤:"sense"状態。カメラの存在を検出中
緑:PoCLカメラ検出。12V電源を供給
消:PoCLでないカメラを検出。電源を供給しない
“DS3” LED (PCI express interface training successful)
消:PCI express interface使用不可
緑:PCI express interface使用可能(デフォルト)
“CR1” LED (Acquisition Fpga programming and power status) 消:取込みFPGAがプログラムされていない、3.3V無い。オンボード33V電源が不良
黄:取込みFPGAがプログラムされている、3.3V有り。取込みFPGAプログラミング失敗
緑:取込みFPGAがプログラムされている、3.3V有り。正常動作(デフォルト)

Q2:MIL-Lite9 を使用する場合 MILConfig にある[Start 30-day temporary license] のボタンの意味は?

この 30 日間の License は Run-Time License です(開発用ではありません)。
MIL-Lite では、例えば、以下の場合に License が必要です。
●J2k 圧縮
●Distributed MIL
●3rd Party の GigE や 1394 を使用
もし、そのような機能を使用しない場合は、その License を有効にする必要はありません。
確認として、作成したプログラムで Dongle なしで(ボードが入っている状態)実行した時、License のエラーが出ていなければ、そのアプリケーションは License が必要がありません。

Q3:SOL2MEVCLB* の初期設定はなぜ Mediumなのか?

出荷時の設定はMediumにするのはBoardを保護するためです。
Dual Baseの状態でMedium cameraをつなぐと、Boardが壊れます。逆の場合問題ないです。

Q4:生産終了の製品の修理は何年位対応してもらえるのか?

一般的には最終受注(LTB)から5年間製品の修理は対応します。

Q5:Intellicam の DCF->Exposure Signal-> Timer1 Advanced の Trigger Arm設定は?

Timer 1 = 0 は Timer1をカメラに出力している間にトリガが入った場合無視します。
Software Arm は Timer1をカメラに出力し、データがカメラからFrame Grabberに戻る(全てのデータを転送終了)までに、トリガが入った場合は無視します。
Hardware Port を使用する場合は、Timer1で設定しているPin以外のものを使ってください。
例えば、Trigger1はTimer1に入れるトリガです。Trigger2はTrigger Armで使用するものです。
設備の方はTrigger1を出してから、検出する物体が移動した(カメラの下でない状態)で、Trigger2を出します。
その場合、Trigger2をもらうまでに、他のTrigger1が入ったら、無視することできます。

Q6:カメラ制御ソフト NCCtrlの[ファイル]->[テキストから一括設定]を行うと途中で"処理中 少々お待ち下さい。"を表示したまま止まることがある。対応方法はないか?

発生はPC環境によります。発生する場合は、
(1)テキストファイルを編集し各コマンド間に待ち(@pause 100)を入れます。
(例)
p0
P1
p0
@puase 100
P1

(2)[通信]->[通信設定]の"インターフェイス選択"が [COM port] のときに発生することがあります。[Camera Link API] に変更し、[設定]で"Camera Link API用DLLの格納場所"に"C:\Program Files\Common Files\CameraLinkDLL\clsermtx.dll"を指定します。

Q7:IntellicamからDCFをOpenしようとするとエラーが表示され開けない。

新しい環境で作成したDCFを古い環境のIntellicamでOpenする時に発生することがあります。
(例: MIL9+Update04環境のIntellicamで作成したDCFをMIL9環境のIntellicamで開こうとした時以下の様なメッセージ System Message "Error while loading the digitizer configuration file (c:\...) on line (137); reason: invalid argument (VDT_STD_DIGITAL 0x0), status 311.")これはSolios eVCL/eMCL をサポートするため Update 4 に OasisFG.inf の9.0010.0000 を持つ MIL 9 の Intellicam でロードできない OasisFG.inf の9.0016.0000 が加えられたため。
(1)新しい環境にUpgradeします。
(2)DCFをエディタで開き、エラーが発生しなくなるまで、エラーが発生するラインを削除します。(繰返し削除が必要なことと、新しい設定が消えてしまうの で、あまりお奨めしません)

Q8:ボードのマニュアルが無い。ボードのマニュアルが欲しい。

ボードにマニュアルは付属しません。マニュアルはMatrox Imagingホームページから入手できます。
(1)Matrox Imagingのホームページを開きます。
http://www.matrox.com/imaging/en/
(2)Productsをクリックし、使用する製品のページへ移動します。
(3)右側のLinksのManualをクリックするとManualsが開きます。
(4)入手したいマニュアルのリンクをクリックすると Documentation Request のページが開きます。
(5-1)初めての場合は名前や e-mail を入力し[Submit form]をクリックします。
(5-2)既に登録している場合は e-mail アドレスを入力し[submit]をクリックします。

Q9:WinXP32-bitでMIL(-Lite)9のUpdate4をインストールしてもSolios eV-CLが認識されない。

Windowsのアカウント名が日本語の時 Update4 が正しくファイルを更新できません。一旦MIL(-Lite)をアンインストールし、英語名のアカウントを作成し、英語名のアカウントでログオンして、MIL(-Lite)9とUpdate4をインストールしてください。

Q10:トリガ入力中に次のトリガが入力されるとどうなるか。

DCFの設定によります。
Grab Mode でHardware Trigger を選んでいる場合。
Trigger Arm Characteristicsの設定が Frame Retriggerならトリガ入力中に次のトリガが入力されると再度取込みを開始します。
Hardware Ignore Frame Retriggerなら入力された次のトリガを無視します。

Q11:NED カメラ制御ソフトの設定方法