Insightsニュースレター
問題解決レッスン3

Nvidia Drive PX 2を使い始める


テクノロジーアップデート

Nvidia Drive PX 2を使い始める

NvidiaのDrive PX 2は、自律走行車両ガイダンスとマッピングのアプリケーション向けの最先端AIコンピューティングプラットフォームです。FlyCapture SDKはARM 64アーキテクチャでサポートされており、Drive PX 2で高性能FLIRカメラを使用できるようにします。Clickこちらをクリックして、Drive PX 2でFLIR USB3 Visionカメラを始める方法をご覧ください。

黒丸続きを読む



レッスン3:デバイスを同期させる回避策の作成に時間がかかっていますか?



問題解決シリーズ

レッスン3:デバイスを同期させる回避策の作成に時間がかかっていますか?

高いスループットを達成するために、多くの開発者はセンサーポーリングを頻繁に使用して、緊密に調整されたシステムを実現します。これらの回避策を開発するには時間がかかり、多くのネットワーク帯域幅とCPUサイクルを使います。 Blackfly S GigEカメラファミリーは IEEE-1588 Precision Time Protocol(PTP)をサポートし、開発者は数百ナノ秒以内にPTP対応のデバイスを簡単に同期させることができます。回避策は必要ありません。

黒丸IEEE-1588とは何ですか?どのように動作しますか?


微妙な動きを検出、増幅、測定する画期的なビデオ処理システム
ケーススタディ
微妙な動きを検出、増幅、測定する画期的なビデオ処理システム

すべての機械は振動を発生します。正常動作で発生する振動もあれば、機械の初期故障の徴候を示す振動もあります。RIR Technologyの使いやすい、非接触のIris Mシステムには、FLIRのGrasshopper®3カメラが搭載されています。これは従来の画像ベースの測定ツールに比べ、約100倍の変位測定感度を実現しています。また、動作速度も高速です。

黒丸ケーススタディを見る


     
ナレッジベースセンター Blurred Vision

Spinnaker SDKでのログの使用

NEW
Spinnaker SDKでのログの使用



Blackflyでのホワイトバランスの使用

NEW
Blackfly Sでの
ホワイトバランスの使用


Blurred Vision

LinkedIn YouTube お問い合わせ先 FLIR
今後のイベント