Insightsニュースレター
問題解決レッスン4

レッスン4:FLIRカメラ、オープンソースライブラリ、NVIDIAハードウェアを使用して、ディープラーニングの利点を活用


問題解決法4

FLIRカメラ、オープンソースライブラリ、NVIDIAハードウェアを使って、ディープラーニングを活用

GoogleのTensorFlowのようなオープンソースライブラリを使えば、ディープラーニングの手法を利用できるため、マシンビジョン開発者はダイナミックな意思決定システムを迅速かつ簡単に自動化できます。このレッスンでは、ディープラーニングの概要を説明し、FLIRとNVIDIAが自動決定システムをトレーニングして、パワフルで手頃な価格の組み込みプラットフォームにFLIRとNVIDIAを使用する方法を説明します。

黒丸ディープラーニングのメリットに活用するにはどうすればよいですか?



FIATは製造中の熱試験でけがを削減










レーザーを使わずカメラのみで走行する自動運転車

ケーススタディ

自動車事故によるけがを少なくするため、FIATは製造時に熱試験を使用

交通事故での歩行者のけがを防ぐために、車の外装には弾力性のある部品を使い、内部構造は堅牢なものにする必要があります。これらの特性を持つ車を作るため、FIATは接着剤で材料を接着します。製造中、材料の接着の確認にはイタリアのメーカーであるInprotecのプロセスが使われますが、そこに搭載されているのはFLIRのサーマルA615カメラです。

黒丸ケーススタディをダウンロード
黒丸FLIRのAシリーズカメラについて
黒丸FLIRのオートメーションチームへのお問い合わせ



カメラだけで走行する自動運転車

オックスフォードでは、カメラをデータ取得の唯一の手段として使用する自動運転車を作ることを目標とする研究プロジェクトを実施しています。FLIRのBumblebee® XB3ステレオカメラで以前にキャプチャしたエクスペリエンス(経験)データを、3台の Grasshopper®2カメラで撮影したライブ画像と照合することで、車両の向きを決定します。

黒丸続きを読む


WeChatにご参加ください!
一般的な更新
WeChatにご参加ください!

WeChatアップデートを中国語でお読みになりたい場合は、WeChatの新しいチャンネルでマシンビジョンのケーススタディ、技術記事、製品ニュースなどをご覧いただけます。


     
ナレッジベースセンター Blurred Vision

組み込みシステムでカメラをストリーミングする

組み込みシステムでカメラをストリーミングする



FlyCapture 2とARMを使い始める

FlyCapture 2とARMを使い始める


Blurred Vision

LinkedIn YouTube お問い合わせ先 FLIR
今後のイベント